アフリカツメガエル

アフリカツメガエル

(C)Showichi SENGOKU

基本データ

学名
Xenopus laevis
分類
両生類
分類詳細
無尾目ピパ科
分布・環境
アフリカ南部
全長
約100mm

説明

おもに池や水たまりなどの流れのないところにすむ。後肢の内側の3本の指に黒いつめがあり、このつめで水底の泥を掘ってえさをさがす。舌が退化しているので、えさは前肢でかきこむようにして食べる。体側に魚のような側線がある。早春から晩夏が繁殖期で、卵を1個ずつ水草などに産みつける。幼生は半透明で1対のひげがある。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)