アズマヒキガエル

アズマヒキガエル

(C)Showichi SENGOKU

基本データ

学名
Bufo japonicus formosus
分類
両生類
分類詳細
無尾目ヒキガエル科
分布・環境
日本(近畿以東の本州、山陰地方。伊豆大島と佐渡島、北海道には人為移入)
全長
90~150mm

説明

ニホンヒキガエルの東北日本産亜種(あしゅ)。さまざまな環境にすみ、低地から標高2,500メートル以上にまでいる。昼間は岩の下などにひそみ、夜や雨上がりによく活動する。おもに小昆虫を食べる。2~7月の繁殖期に多数のオスがメスをとり合う「蛙合戦」をする。長いひも状の卵塊(らんかい)を流れのない水域に産む。卵は合計2,500~800個。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)