オットンガエル

オットンガエル

(C)Showichi SENGOKU

基本データ

学名
Rana subaspera
分類
両生類
分類詳細
無尾目アカガエル科
分布・環境
日本(奄美大島、加計呂麻島)
全長
オス93~126mm、メス111~140mm

説明

おもに山地の森林にすむ。普通カエルの前肢の指は4本だが、オットンガエルは5本ある。5本目の指は親指に当たり、内部のするどいとげ状の骨が飛び出すため、うっかりつかむと手を切ることがある。サワガニや昆虫、カタツムリなどを食べる。5~8月、水辺の砂を掘って巣をつくり、卵を産む。雨期に「オットン」と鳴く。環境省のレッドリストの絶滅危惧ⅠB類に指定されている。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)