アンコウ

アンコウ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Lophiomus setigerus
分類
魚類
分類詳細
アンコウ目アンコウ科
分布・環境
北海道以南、東シナ海;フィリピン、アフリカ、オーストラリア
全長
70~100cm

説明

ふだんは深海にすんでいるが、冬は浅いところにも姿を見せる。キアンコウに似ているが、口内に白色斑があるのが本種。どちらもあんこう鍋の材料となるが、味はキアンコウのほうがおいしいという。付属物がついた背びれの第1棘は、小魚をおびきよせるのに使う。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)