なかまからさがす - 無せきつい動物

(51件中1件~20件)

アオサンゴ

アオサンゴ

イソギンチャクを小さくしたような形の八放(はっぽう)サンゴの...

アコヤガイ

アコヤガイ

岩礁の藻の中などにかくれるようにすみついている。殻(から)は...

アメリカザリガニ

アメリカザリガニ

1930年に食用ガエル=ウシガエルのえさとして、アメリカから...

イセエビ

イセエビ

お祝いの膳などに欠かせないのがイセエビ。ゆでて赤くなると思い...

イッスンムカデ

イッスンムカデ

ムカデ類は肉食で昆虫などをつかまえて食べる。ムカデ類のなかで...

イトマキヒトデ

イトマキヒトデ

五角形の糸巻きのような形をしているのでこの名がある。背面は青...

イワガニ

イワガニ

波の荒い岩礁部に生息している。潮が引くと岩の上で活発に動きま...

ウメボシイソギンチャク

ウメボシイソギンチャク

潮が引いて水面から現れると触手(しょくしゅ)を引っこめるが、...

エゾバフンウニ

エゾバフンウニ

水産上の重要種で、日本でとれるウニのうち漁獲量が多いものの1...

エチゼンクラゲ

エチゼンクラゲ

東シナ海付近で発生し、対馬暖流(つしまだんりゅう)にのって日...

オオハエトリ

オオハエトリ

神社や公園の大木の根元などでもよく見かける。驚くとジャンプし...

オカダンゴムシ

オカダンゴムシ

とても身近な生き物なので、昔から日本にいたように思われるが、...

オニヒトデ

オニヒトデ

アカヒトデ目はえさを飲みこむのではなく、逆に胃を反転させて口...

カイチュウ

カイチュウ

漢字では「回虫」。卵が食物とともに体内に入ると、小腸でふ化し...

カタツムリ

カタツムリ

陸にすむ巻貝を総称してカタツムリという。日本列島には800種...

カメノテ

カメノテ

頭状部は殻板でおおわれ、亀の手を思わせる形なのでこの名がある...

キクメイシ

キクメイシ

サンゴ礁をつくる造礁サンゴの代表で、美しい色彩は共生している...

キタムラサキウニ

キタムラサキウニ

北海道から東北地方の沿岸で最も普通に見られる食用種で、えさと...

クルマエビ

クルマエビ

夜行性で昼間は砂にもぐっている。ふだんはやや深い海底にもすむ...

クロアワビ

クロアワビ

カジメやアラメ、ワカメのおいしげる岩礁地帯に多い。すみやすい...

1 2 3