キクメイシ

キクメイシ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Faviidae(属)
分類
無せきつい動物
分類詳細
刺胞動物門キクメイシ科
分布・環境
本州中部~奄美・琉球の日本各地の海;西部太平洋、インド洋、中部太平洋
全長
群体は巨大に成長する

説明

サンゴ礁をつくる造礁サンゴの代表で、美しい色彩は共生している単細胞藻類=褐虫藻(かっちゅうそう)の色。骨格自体は白色である。キクメイシの仲間は温帯域からサンゴ礁域まで広範囲で見られる。よく似た種(しゅ)が多いので、種レベルでの同定はとても難しい。写真はキクメイシ属(Faviidae)の一種。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)