カイチュウ

カイチュウ

Illustrated by Shuji KANNOU

基本データ

学名
Ascaris lumbricoides
分類
無せきつい動物
分類詳細
線形動物門カイチュウ科(回虫科)
分布・環境
日本全国;世界中
全長
メス300mm・オス200mm(全長)

説明

漢字では「回虫」。卵が食物とともに体内に入ると、小腸でふ化し小腸内の栄養を食べて成長する。雌雄異体(しゆういたい)でメスが大きい。数十年前までは、人の糞便(ふんべん)を野菜などの肥やしに使っていたために、卵のついた生野菜を食べて感染することが多かった。腹痛(ふくつう)や下痢(げり)を引き起こす。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)