クロアワビ

クロアワビ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Nordotis discus discus
分類
無せきつい動物
分類詳細
軟体動物門ミミガイ科
分布・環境
房総半島~九州の日本各地の海;西部太平洋
全長
160mm(殻長)

説明

カジメやアラメ、ワカメのおいしげる岩礁地帯に多い。すみやすい場所に集まる傾向がある。呼吸孔(殻の上に並ぶあな)が管状に盛り上がって火山の噴火口のようになる。メガイアワビに比べて食感はコリコリしてややかたいが美味のため、寿司ネタとして珍重される。雌雄異体(しゆういたい)で成熟年数は6年と長い。岩の上をなめらかに素早く移動する姿は、ホーバークラフトのようだ。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)