カメノテ

カメノテ

(C)Teruaki NISHIKAWA

基本データ

学名
Pollicipes mitella
分類
無せきつい動物
分類詳細
節足動物門ミョウガガイ科
分布・環境
北海道~奄美・琉球の日本各地の海;北部太平洋、西部太平洋
全長
50mm(体長)

説明

頭状部は殻板でおおわれ、亀の手を思わせる形なのでこの名がある。岩礁の割れ目やオーバーハングになった部分に群生(ぐんせい)する。潮が引いて水面より上になった状態でも長時間生きていることができる。潮が満ちてくると波に運ばれてきたえさをつかまえて食べる。鱗(うろこ)のようなものでおおわれた柄の部分の内部は食用にされる。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)