イトマキヒトデ

イトマキヒトデ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Asterina pectinifera
分類
無せきつい動物
分類詳細
棘皮動物門イトマキヒトデ科
分布・環境
北海道~九州の日本各地の海;北部太平洋、西部太平洋
全長
60mm(中心から腕の先まで)

説明

五角形の糸巻きのような形をしているのでこの名がある。背面は青色で、不規則な赤色の斑紋がある。温帯域だけでなく北方冷水域にも多く、北海道では積丹半島でも知床半島でもごく普通に見られる。卵巣(らんそう)などにサポニンと言う有毒成分を含むので、ウニ類のように卵巣を食用にはしない。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)