エゾバフンウニ

エゾバフンウニ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Strongylocentrotus intermedius
分類
無せきつい動物
分類詳細
棘皮動物門オオバフンウニ科
分布・環境
北海道~東北の海;北部太平洋
全長
50mm(殻径)

説明

水産上の重要種で、日本でとれるウニのうち漁獲量が多いものの1つ。ぎっしり詰まった卵巣(らんそう)はとてもおいしいので、市場でも高値で取り引きされる。コンブを食べて育つ。春と秋の繁殖期には岩礁の谷間などに無数に集まることがある。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)