キタムラサキウニ

キタムラサキウニ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Strongylocentrotus nudus
分類
無せきつい動物
分類詳細
棘皮動物門オオバフンウニ科
分布・環境
北海道~東北の海;北部太平洋
全長
60mm(殻径)、25mm(とげの長さ)

説明

北海道から東北地方の沿岸で最も普通に見られる食用種で、えさとなるコンブなどの褐藻をさがし求めて活発に移動する。別名ムラサキウニモドキといわれるくらい、温帯海域に多い。ムラサキウニと見かけはよく似ているが、実は分類上は「科」のレベルで異なっている。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)