アジアスイギュウ

アジアスイギュウ

(C)Kojo TANAKA

基本データ

学名
Bubalus arnee
分類
ほ乳類
分類詳細
偶蹄目ウシ科
分布・環境
ネパール、インドのアッサム地方・ベンガル地方
全長
2.4~2.8m

説明

水辺の草を食べる。オスは10頭くらいの群れで、メスは100頭にもおよぶ大きな群れで生活する。繁殖期には、オスがメスの群れに入っていく。泥浴び、水浴びを好み、昆虫の害から逃げるためと、日中の暑さをさけるために、鼻先だけ水面に出して休む。絶滅が危惧(きぐ)されている。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)