ミドリムシ

ミドリムシ

(C)琵琶湖博物館

基本データ

学名
Euglena(属)
分類
原生生物
分類詳細
ミドリムシ科
分布・環境
日本全国;南極を除く世界中
全長
0.14~0.18mm

説明

べん毛という長い毛を動かして、水中を泳ぎ回ることができ、赤い天(眼点)で光を感じることができる。このふたつの特徴はまるで動物のようだ。その一方で、葉緑体を持っていて光合成を行なう。光合成をするので植物プランクトンとして扱われる。比較的、富栄養化(ふえいようか)した池や湖などに多い。写真はEuglena(属)の一種(しゅ)。属の学名のeuは美しい、glenは眼という意味なので、「美眼類(びがんるい)」という名前がついていたこともある。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)