ウミイグアナ

ウミイグアナ

(C)Showichi SENGOKU

基本データ

学名
Amblyrhynchus cristatus
分類
は虫類
分類詳細
有鱗目トカゲ亜目イグアナ科
分布・環境
ガラパゴス諸島
全長
80~150cm

説明

トカゲの中で最も海に適応している。尾は縦に平たく、泳ぐのに適した形をしている。鼻に塩類腺(えんるいせん)があり、よぶんな塩分を出すことができる。近寄ると鼻から分泌液を飛ばす。おもに海藻を食べる。ガラパゴス近海は寒流域なので、海中に入る前後は十分に日光浴をする。エスパニョラ島の亜種(あしゅ)にのみ赤い斑紋がある。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)