イリエワニ

イリエワニ

(C)Showichi SENGOKU

基本データ

学名
Crocodylus porosus
分類
は虫類
分類詳細
ワニ目クロコダイル科
分布・環境
インド南部~オーストラリア北部
全長
220~600cm

説明

マングローブの生える入り江などに多くすむ。舌に特殊な腺があって、よぶんな塩分を排出できる。このため沖合を泳ぐこともあり、海流にのって島々に分布を広げることができる。過去に八丈島への漂着記録もある。人をおそうこともあるが、良質の皮革目的に狩られ、各地で生息数が激減している。塚(つか)をつくって産卵する。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)