りゅうこつ座

りゅうこつ座

基本データ

略名
Car
分類
南の地方の星座

説明

かつてあった大きな船を表す星座「アルゴ座」が4つに分かれてできた新しい星座の1つ。そのため、船体の構造である竜骨(りゅうこつ)という船に関係した名前がついている。「アルゴ座」の中でもっとも南にある。
3月中旬の午後9時ごろが見ごろだが、本州の中央部では星座の一部が南の地平線ぎりぎりに見えるだけだ。目印はもっとも明るいカノープスだが、ほんの短い時間しか見えない。また、東北や北海道では「りゅうこつ座」は南の地平線にしずんで見えなくなる。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)