金星

金星

基本データ

英名
Venus(ビーナス)
分類
太陽系

説明

太陽系の第二番惑星(だいにばんわくせい)。内側から数えて2番目の惑星という意味だ。
英語名のVenus(ビーナス)はローマ神話の美と愛の女神(めがみ)。ギリシア神話ではアフロディーテのこと。
大きさと重さは地球よりやや小さいていど。岩石でできていて、厚い大気がある。

地球から見ると太陽、の次に明るい天体である。夕方や夜明けによく目立つので、宵(よい)の明星(みょうじょう)、明けの明星ともよばれている。
金星は厚い大気におおわれている。衛星(えいせい)はない。1983年に金星表面に軟着陸(なんちゃくり)したベネラ15号、16号(旧ソ連の探査機)の観測によれば、表面温度は470℃、気圧は90気圧にも達することがわかった。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)