おうし座

おうし座

基本データ

略名
Tau
分類
冬の星座

説明

神々の王ゼウスが化けた白い牛の星座。
オリオン座」の右上(西)に明るくかがやく1等星のアルデバランが目印。アルデバランが牛の右目で、左上の2つの星が角である。
「おうし座」には有名な星団(星の集まり)がある。アルデバランの周辺にあるのは「ヒヤデス星団」、アルデバランから少し離れた牛の首すじあたりに見えるのは「M45プレアデス星団」だ。プレアデス星団は日本では古くから「すばる」とよばれてきた。
アルデバランは「冬の大六角」の星のひとつでもある。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)