インダストリアルデザイナー

インダストリアルデザイナー

基本データ

分類
アートと表現

説明

ボールペンから飛行機まで、あらゆる工業製品を企画し、設計する。一般的に大量生産が可能なものが対象。デザイン的に優れているだけでなく、機能的で、かつ安全面もクリアするものを設計しなければならない。特別な資格は必要ないが、工業デザインの学科がある大学や専門学校、高等専門学校や工業高校で知識や技術を学ぶとよい。就職先は製造メーカーの商品開発部、それに数は少ないが個人事務所もある。商品を製作するエンジニアと一体となって作業をし、商品化にあたっては、企業の経営陣にデザインをわかりやすく説明しなければならない。デザインセンスはもちろんだが、人とうまく接することも求められる。自分のデザインしたものが、実際に使用されているのを見たときが一番の喜びという。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)