映画脚本家

映画脚本家

基本データ

分類
アートと表現

説明

映画専門の脚本家は少ないが、映画界には必ず「旬の書き手」が数人いて、彼らが日本映画のドラマ作りの土台を支える。また脚本家から映画監督に進出する人も多い。映画関係の専門学校でシナリオの基礎を学ぶことはできる。だが専門学校を卒業しただけですぐに映画の脚本家にはなれない。ほかには、好きな監督やプロデューサーや俳優に、脚本を送りつけ、読んでもらうという方法もあるが、たいていは読んでもらえない。テレビの脚本に比べると報酬もそれほど多くはないが、映画の脚本は魅力ある仕事なので、新しい才能が絶えずチャンスを狙っている。さらに演劇やテレビドラマの脚本家が、映画に進出したり、映画の脚本を依頼されるケースもある。映画の脚本家になろうと思う13歳は、まずよく本を読み、音楽を聞き、映画を見て、できれば旅をして、世界を知ることが望ましい。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)