エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナー

基本データ

分類
アートと表現

説明

表紙、目次、本文、グラビア写真といった、雑誌や書籍のレイアウトを行う。専門学校や美術大学でデザインについて学んだ後にデザイン事務所で働くことが多いが、必ずしもそういうケースばかりではない。また、実務経験を積んだ後に独立をする人も多い。雑誌、書籍の内容を正確に解釈し、どのように本という体裁に仕上げるかが腕の見せ所となる。デザイナーは人気商売でもあり、デザインができるだけでなく、クライアントとのコミュニケーション能力や一般常識などの総合的な能力が必要とされる。技術はもちろんのこと、感性を磨き続けることが重要であり、ふだんから自分なりの美意識を持って映画や本などに接することが大切である。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)