石工(伝統工芸)

石工(伝統工芸)

基本データ

分類
生活と社会

説明

石工品とは、基本的に和風庭園の石橋、石燈籠や手水(ちょうず)鉢、石仏などの彫刻のこと。石造は古代の古墳文化にはじまり、仏教の伝来とともに発展したといわれている。桃山時代に入ると、茶道文化のワビ・サビを具現するものの1つとして、石燈籠が庭園用に改良され、各地で今日も生産されている。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)