医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー

基本データ

分類
生活と社会

説明

患者やその家族が安心して治療をすすめられるように相談にのり、ほかの職員や患者に必要な機関との連絡や調整を行う。具体的には、治療費の負担、療養中の育児、家族との人間関係、転院先の紹介などである。また患者の社会復帰の援助もする。一般的には福祉系の大学や短大で学び、社会福祉主事任用資格を取得して、病院や診療所、保健所や介護施設などに就職する。現在は専用の資格はないが、高齢化問題に対処するためにも国家資格を設ける必要性が論議されている。つまり福祉のほかの職業に比べ、専門領分が確立されていない。そのため仕事内容は自分で切り開いていかなくてはならないが、今後の社会において必要とされる職業である。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)