栄養士

栄養士

基本データ

分類
生活と社会

説明

学校や病院などで給食の栄養管理と栄養指導を担当する。児童や入院患者の状態に合わせて、必要カロリー、栄養素などを考慮して、1日1日の献立を決めるのが主な仕事。そのほか、養護施設や養護老人ホームなど福祉施設で働く人もいる。1回に100食以上の集団給食を行う施設では、栄養士を置くことが求められている。栄養士は法律にもとづいた資格で、大学の家政学科、生活科学科や栄養専門学校など栄養士養成施設を卒業すると、取得できる。すべて昼間部のみで、夜間部や通信教育はない。今日、肥満や糖尿病などの生活習慣病の増加で、栄養指導に求められる知識や技能は高度化・専門化してきている。そのため、より複雑で困難な栄養指導にあたる管理栄養士の制度がある。寝たきり老人の介護などに携わるには、福祉の知識や経験も必要。今後も食事と健康に関わる栄養士の仕事はさらに広がっていくだろう。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)