海上自衛隊

海上自衛隊

基本データ

分類
生活と社会

説明

海上からの侵略に備え、海上交通の安全を守るのが海上自衛隊の本分である。その組織は機動部隊である自衛艦隊(護衛艦・航空機・潜水艦など)と、担当区域の海上防衛・後方支援を行う全国5個地方隊に分かれる。

飛行
飛行任務部隊。大型哨戒機、水上救難機、艦載ヘリコプターなど、海上自衛隊保有の飛行機やヘリコプターの搭乗員である。

航空管制
飛行場で無線やレーダーを用いて、周辺を飛行、離着陸する航空機の誘導を行う。

航空機整備
飛行機の機体、エンジンなどの整備を行う。航空機体、航空電子、航空武器、航空発動機、航空電気計器に分かれる。

射撃
護衛艦などで、ミサイルや砲を用いて各種目標に対する攻撃を実施。ミサイルや砲の整備や弾火薬の取扱も行う。

航海・船務
艦艇の艦橋で航海に関する業務を行ったり、レーダー、電波探知装置を用いて戦術活動を行う。

電測
最新のIT機器を使って情報を収集し、艦船の内外に配付する。艦船の頭脳的部署。

情報
情報資料の収集、処理及び情報の配付、秘密保全、映像技術及び関連機材の操作、整備を行う。具体的には写真やビデオを撮影したり、資料から情報を分析したりする。

機関
エンジン発動機等の運転、整備及び火災、浸水対処業務を行う。蒸気、ディーゼル、ガスタービンの区分がある。

水雷
護衛艦、潜水艦で魚雷及びソナー等水中検索武器を操作し、潜水艦の捜索、攻撃を行う。魚雷と水雷に分かれる。

掃海機雷
掃海艦艇等で機雷探知機、掃海具等を操作し、機雷の処分や調整、関連機材の整備を行う。

艦船整備
艦船そのものや艦船用電気機材、船用品等の修理、整備、補給に関する業務を行う。電子整備、電機に分かれる。

衛生
病院における医療や健康管理、身体検査を実施するとともに、潜水に関する調査、研究を行う。

気象海洋
気象、海洋観測、それらに基づく天気図類の作成を行い、海洋関係の情報伝達業務を行う。観測艦などで南極に観測へ行くこともある。

法務
訴訟、損害賠償、損失保障及び海難審判などに関する業務を行う。幹部自衛官向けの頭脳労働職。

経理・補給
旅費等の予算作成、資金調達、支払い、隊員の給与計算などの会計業務を行う。

潜水
アクアラングを使用した潜水を行い、機雷等爆発物の捜索、処理、船底調査等の水中業務を行う。

施設
国有財産についての管理運用や、施設機材、車両を用いての建設作業、道路工事、それらの関連機材の整備を行う。

音楽
6つの専従音楽隊があり、各種イベントや儀式などで演奏を行う。

(取得可能な資格)
飛行  ジェットパイロット/ヘリコプターパイロット免許

航空管制
丙種陸上無線通信士、航空無線通信士、航空交通管制基礎試験合格証明書、航空交通管制技能証明書4種類

航空機整備
JIS溶接/ガス溶接技能者、一般毒物劇物取扱者、非破壊検査技術者、電気工事士、電気主任技術者、情報処理技術者、高圧ガス製造保安責任者、火薬類取扱保安責任者、大型運転免許、牽引免許、危険物取扱主任、フォークリフト免許

射撃
4級小型船舶操縦士、乙種危険物取扱責任者、乙種火薬類取扱責任者

航海・船務
4級海技士、玉掛け技能、クレーン操縦士、4級小型船舶操縦士

機関
1級/2級ボイラー技士、ボイラー整備士、公害防止管理者、機関4級海技士(内燃)、高圧ガス製造保安責任者(乙種機械)、冷凍機主任取扱者、電気工事士、高圧ガス取扱責任者

水雷
4級小型船舶操縦士、危険物取扱者、火薬類取扱保安責任者

掃海機雷
4級小型船舶操縦士、火薬類取扱責任者、フォークリフト免許、クレーン免許

艦船整備
特殊無線技士、第1級陸上特殊無線技士、第1級/第2級陸上無線技術士、工事担当者アナログ第1種、第2種電気工事士、第3種電気主任技術者、危険物乙種4類、第3種冷凍機、消防設備士乙種4類、2級ボイラー技士

補給
危険物乙種4類、大型特殊運転免許、フォークリフト荷役講習修了証

衛生
准看護師、看護師、保健師、救急救命士、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士

気象海洋
気象予報士、測量士補

経理
ワープロ検定、2級/3級簿記検定

潜水
潜水士免許

施設
大型/大型特殊免許、建築士、測量士、ボイラー技士、電気主任技術者、電気工事士

*そのほかの業務に給養員、警務員、地上救難員、電計処理員などがあり、調理師免許、柔剣道段位、消防設備士、情報処理技術者などの資格が取得可能。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)