火山学者

火山学者

基本データ

分類
自然と科学

説明

噴火は、その規模や形などが、火山によって違う。それがどのような種類のものなのか、火山学者でも推測はむずかしい。火山学の基礎は実際の噴火の現場で観測することである。噴火に接する機会は非常に少ないため、生命の危険があることがわかっていても、噴火があれば、リスクを承知で、対象となる火山に向かう。火山学者にとっては、噴火は研究を活かす最大の機会なのである。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)