家畜人工授精師

家畜人工授精師

基本データ

分類
自然と科学

説明

遺伝的に優秀なオスから人為的に精子を採取し、これをメスの子宮に入れて優秀な子供を多数出産させる技術を持ち、発情期のメスに、細い注入器を使って人工授精を行う。乳牛(人工授精普及率はほぼ100%)や肉牛(同ほぼ95%)、豚を中心にした家畜で行われている。牛の場合、自然交配では1頭のオスから年間50~100頭の交配が限界だったのが、人工授精によって数百頭から数万頭にまで増大させることが可能になり、なかには、1頭のオスが4万頭以上の父親になった例もある。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)