日本語教師

日本語教師

基本データ

分類
旅と外国

説明

日本語を外国語として学ぶ人にわかりやすく教える。仕事の場は国内の場合も国外のこともあり、働く国や施設によって、必要な資格も違ってくる。国内の大学や国の教育機関では、日本語教育の博士号か修士号を応募資格としている場合が多く、民間の日本語学校では、日本国際教育協会が行う日本語教育能力検定試験に合格するか、専門学校の長期養成講座の履修を要件にしている場合が多い。海外の大学や国際機関では、現地の教員免許が必要な場合が多く、現地の大学などへ留学しなければならない。また、青年海外協力隊でも途上国などに日本語教師を派遣しているが人気があり、5、6倍の競争率だ。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)