古地図研究家

古地図研究家

基本データ

分類
旅と外国

説明

古地図とは、科学的な測量や図法が成立する前に作られた地図。絵地図や見取り図、鳥瞰図など多くの種類の地図が残っている。こうした古地図を、歴史あるいは地理、博物学、民俗学、比較文化、美学などさまざまな観点から研究する。古地図研究家は大きく2つのタイプに分かれる。ひとつは大学教授や博物館、美術館の学芸員など、古地図を使って自分の専門を研究する人たち。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)