翻訳家(ほんやくか)

翻訳家(ほんやくか)

基本データ

分類
旅と外国

説明

外国の文学作品を日本で出版するために翻訳する外国文学翻訳、ビジネス用の文書や、企画書、マニュアルなどを翻訳する実務翻訳、映画やテレビ番組、雑誌、歌詞などを翻訳するメディア翻訳など、ジャンルは幅広い。日本には翻訳科のある大学はないので、多くの人が専門の語学学校で技術を学び、その後、翻訳会社に勤めたり、フリーで仕事をすることになる。特別な資格は必要ないが、英語と中国語に関しては日本翻訳協会が翻訳技能認定試験を行っていて、実力の目安になる。外国語の能力はもちろんのこと、日本語の文章力が必要。また、実務翻訳の場合は専門知識もあるとよい。外国文学の場合、出版社から直接仕事がくることが多く、専門学校の講師に紹介してもらったり、名のある翻訳家の元で仕事をし、まずは人脈を築くことになる。外国文学の出版では原作者と同じくらい大きな存在で、やりがいのある仕事だ。実務翻訳の場合、翻訳会社に登録し、そこから仕事を回してもらうことが多い。しかし、はじめから翻訳の仕事だけで食べていける人は少なく、専業にしようと思ったら、数年は仕事がなくても生活できるだけの蓄えが必要という。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)