ワカメ

ワカメ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Undaria pinnatifida
分類詳細
チガイソ科

説明

重要な食用藻類であるワカメは、熱を加えると緑色に変わるが、生きている時には写真のように褐色である。ワカメの特徴は茎の根元に輪のように突起が出ていることで、「ミミ」とか「メカブ」とかよばれる。これを細かくきざんで熱湯を注ぐと、粘り気が出て美味である。生のワカメは長期保存ができないので塩蔵品や乾燥品が流通している。近年、養殖(ようしょく)も盛んになっている。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)